2005年 11月 06日 ( 1 )

アップルクランブルケーキ&白い豆乳鍋

c0039898_21545649.jpg昨日は朝から悲しいできことがあり、予定していたことすべてやる気になれなくなって家に閉じこもることになってしまいました。
一昨日の夜に「明日は息子のバースデーケーキとクリスマスケーキの試作品を作ろう!2時間走ろう!」って気合いたっぷりだったのに。
だけどただゴロゴロしているのもと思い、1個だけ残っていたちょっと柔らかくなったりんごを使って簡単にできるアップルクランブルケーキを作りました。


c0039898_2251221.jpg皮付きのりんごを16等分にして並べたら、クラフティのような生地を流し込み、その上にクランブルを乗せて焼くだけの簡単なケーキ。
クランブルに入れたグラニュー糖が多めだったみたいでちょっと甘かった。
りんごが紅玉のようなすっぱいものだったらそれでもよかったかもしれないけれど、甘めのりんごだったのでレモン汁をかけてから焼けばよかったと反省。
でもクランブルのサクサク感がなかなかいい感じではあるけどね。




c0039898_2233493.jpgそしてこれも昨日の夕飯の白い豆乳鍋
豆乳なんだから白いのは当たり前って思うでしょ。
実は材料のほとんどが白い物なの。
お肉は鶏もも肉と豚肉(息子①が鶏は嫌だと言うので)で白くはないけれど、その他の材料は白菜、ねぎ、エノキ、エリンギ、ブナピー、そして絹ごし豆腐。
ねっ、みんな白でしょ。
栄養面や彩りとしてはどうなのかって思うけど、結構ヘルシーでよくないですか?


c0039898_22553451.jpg豆乳鍋に入れた豆乳は“拝啓 賢治先生 いい豆乳が出来ました。”と書かれた特濃豆乳。
賢治先生というのは岩手出身の作家、宮沢賢治のこと。
農学校の先生だったからこういう名前をつけたのかな?
にがりもついてお豆腐が作ることのできる豆乳でした。
お出汁で割っちゃったので湯葉ができなかったのが残念!
次は湯葉を食べてからお出汁で割って鍋にしようかな。




昨日の凹んだ気持ちを引きずり、今日もゴロゴロと読書。
だけどこれじゃあいかん!と図書館に本を返しに行きながら(もちろん新しく本を借りてきましたよ)お隣の詩歌の森公園の周回コースを20周してきました。
1周は495mってことで10km弱のrun。
夕飯は手抜きをしてちょっと豪華なおすしにしちゃいました(大とろも入っていたよ)。
c0039898_236218.jpgそしてデザートは北海道物産展で買った駒ケ岳牛乳のアイス(バニラとゴマ)
1個300円也~☆
これを3個買ったら小さめではあるけれどソフトクリームを試食用(?)にくれたの。
普通に買うと300円、試食用にしては結構大きめで普通のサイズの半分くらいはあったんじゃないかな。
買ったアイスよりソフトクリームの方がおいしかったわ(笑)。
私は産直などに行くと必ずソフトクリームを食べるの。
最近どこにも行ってないのでたまにはドライブがてらソフトクリームを食べてくるのもいいかもって思った。
とはいえ今月は土日は予定入っちゃってるからなぁ・・・

落ち込んでいたけれど、誤解するような方にはあえて誤解をとく必要性も感じないのでそのままにすることにし(いくら言ってもわかってもらえそうにもないしね)自分らしく堂々と毎日を過ごさなくちゃって思うことにしました。
こう思うまで1日かかっちゃったけど、慰めてくれる友達がたくさんいるから復活も早いんだよね。
今日の買い物帰りにジム仲間の20代半ばの男性(競技エアロに出ている方)とバッタリ会って、最近あったことなどを話した時「私って小心者だからさ」って言ったら「何言ってんの~♪」って一笑に付され(もちろんいろんな励ましもあり!)、あ~こういう風に慰めてくれる人もいるのよねぇって思ったら、落ち込んでた自分がバカだったなと思った。
世の中にはいろんな人がいるから、みんなと仲良くするなんて不可能。
だからこそ、本当に仲良くしていける友達を探して、その友達を大事にしけばいいんだなって改めて思いました。
それに気づいたのは昨日のメールのおかげって思えば、そのメールをくれた方にも感謝の気持ちをもったりもしました(笑)。
[PR]

by yuck_heart | 2005-11-06 23:24 | 食べ物