カテゴリ:第3回いわて銀河100km( 10 )

走り終えた後のシューズ&ラップとスプリットタイム

c0039898_11132118.jpg

今回の勝負シューズはNIKE AIR ZOOM KATANA CAGE2
珍しくピンクのシューズではありません。
このシューズはホノマラの勝負シューズとして購入したのですが、結局は現地でピンクのシューズと出会い、このシューズを履くことはありませんでした。
ほとんどしないトレーニングで4~5回履いたかな?
あとは“かっぱハーフマラソン”で履いただけ。
それでもかかとのサイドが多少すれてはいたのですが・・・
c0039898_11134558.jpg

走り終えたらこんな風になってました。
すっかり擦り切れちゃってます。
上りが続いたのと、脚が上がらなくて引きずるような走りになったからなんでしょうね。
これでもし完走できていたとしたら・・・
もしかしてソールがなくなっていたかも(汗)。
このシューズにはカーボンシートを入れているのに、こんなにすぐダメになっちゃったらもったいない。
カーボンシートを使いたいので、同じシューズを買おうかな(もう型落ちになっているから売ってないかなぁ?)。

記録として残しておきたいのでここにラップとスプリットタイムを記入しておきます。
(はるまさんのパクリ…笑)

 - 5km             約32分(6分・6分・7分・6分・7分)
 -10km    1:08:03  約36分
 -15km    1:47:43  39:40:83
 -20km    2:22:36  34:52:22 
 -25km    3:05:31  42:55:07
 -30km    3:50:27  44:56:18
 -35km    4:34:52  44:24:94
 -40km    5:31:26  56:33:76
 -45km    6:22:07  50:41:35
 -49.6km   7:14:47  52:39:66

※投稿画面ではうまく並んでいるのに、ブログ上では数値がきれいに並びません。
見にくくてごめんなさい。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-24 17:00 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン6

c0039898_6335942.jpg

湘南国際マラソンの時は関門チェックをしていなかったし、完走できると思っていたので、目の前で関門閉鎖された時はショックだったけれど、今回は第一関門を突破できればいいと思って走ってきたし、走ったことのない距離をあまり辛いと思わずに走ってこられたので笑顔になりこそすれ、涙が出るようなことはなかった。
とにかく楽しかったの一言。
c0039898_639374.jpgこれらの給食を食べながら関門のエイドのボランティアの方たちとおしゃべりした時間がとっても楽しかった♪
よく食べるし、よくしゃべるなぁと呆れていたかもしれないね(笑)
私よりあとを走っていた方を乗せた収容車がエイドに到着。
その方たちにも「食べて行って~!」ってボランティアの方が勧めていました。
何人かが降りてきて、その方たちともおしゃべり。

c0039898_6403420.jpg同じ時間、同じ辛さ&同じ楽しさを経験した仲間ということもあって、初めてお会いした方たちなのに旧知の仲のようになんの抵抗感もなくおしゃべりできるのも楽しい♪
普段だったら人見知りして(友達は「嘘だ~ぁ!」って言いそうだけど、本当に人見知りするんだよね)知らない人と話すのは苦手だけど、こういうシチュエーションだとまた別だよね。
c0039898_645547.jpg次の収容時間を見計らって、収容車は出発することに。
私はこのバスに乗りましたが、他にワゴン車もありました。
すでにバスに乗り込んでいた方たちは毛布を体に巻きつけていたけれど、私たちはなし。

ノースリーブにアームウォーマーをしていた私は寒くて辛かった。
c0039898_747818.jpg

収容車の中は、普通(笑)。
はるまさんに湘南国際マラソンで収容車に乗った時に写真を撮らなかったら「なんで撮らなかったの?」って言われたから(もうっ!・・・笑)今回はしっかりと撮ったけど、つまんない写真だね(笑)。
でも、こうやって見てみると、みんな帽子をかぶっているんだよね。
もしかしたらかぶっていなかったのは私だけかも。
今回は雨が降るとは思っていなかったので、運動公園に止めた車の中に帽子を置いていってしまったのだけれど、やっぱり持っていくべきだったのかも。
c0039898_7505371.jpgc0039898_7514082.jpg
バスから見た風景。
とっても素敵な所です。
でも、走っていたらこの景色を楽しむ余裕はなかっただろうな。
そう思うと、ある意味幸せかもね。

このバスに乗って、次の関門へ向かいます。
そこでまた何人かを収容するのです。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-24 07:53 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン5

c0039898_23484574.jpg
しかし、やっぱりこの上りはきつかった。
走れなくなって歩いちゃいました。
そんな時にフォルダの古桑さんが対向して走ってきた車から降りてみんなの情報などを教えてくれました。
辛い時だっただけに、みんなの頑張りを聞いて、もう少し頑張りたいなと思った。
「頑張るね」と言って、古桑さんと別れる。
豊沢湖の辺りでは先を走っていた男性が座ってストレッチをしていた。
間に合わないのがわかったので諦めたのだろう。
声をかけて先に行くことに。
c0039898_23465632.jpg

冷たい風が吹いて寒くなったので、外していたアームウォーマーをまた付け直し、手袋もする。
時間的に厳しくなってきたので豊沢湖を写真に撮りながらのんびりしていたら、アミノバリューの仲間の阿部さんから「あと少しでエイドよ。食べるものたくさんあるわよ。頑張って!」と車から声をかけてもらったけれど、もうそこまで頑張って走る力はなし(阿部さんにはいろんな場所で声援していただきました。本当にパワーになりました)。
「もう間に合わないと思うので、ゆっくりいきます」と答える。
本当に急で辛い上り坂。
それでもフルより長い距離を走った充実感でいっぱいになる。
c0039898_23515072.jpg

やっと景色を楽しむ余裕もでき、たくさん写真を撮りまくる。
c0039898_23565767.jpg
49.6km…エイドであり、第一関門である場所の直前に熊の絵のついた標識と「動物に注意」(だったかな?)の標識があったのでブログに載せようと写真を撮っていたら、そのちょと先のエイドのボランティアの方が手を振って待っていて下さったので、もっとちゃんとした写真を撮りたかったけれど、迷惑をかけては申し訳ないと諦め、手を振りながら「すみませ~ん、遅くなりました。お待たせしました~ぁ」と走って行く。
すでに収容車が止まっていて、何人かの方が毛布に包まってバスのそばに立っていた。
私はすぐさまエイドでおにぎりや果物をいただく。
初めてパインがあったので「パインがあるんですね」って言ったら「もうあとは人が来ないからたくさん食べなさい」って言ってくれたので、次々食べる。
おにぎりも食べたけど、ここで初めてロールパンを食べることに。
ジャムを塗ってくれたりと至れり尽くせり。
エイドで時間をかけすぎたこと、お弁当のおにぎりを分けていただいたことなど、とにかくしゃべる!しゃべる!
パンフレットで名前を見て「O川さんは北上なのね」とか色々話しかけてもらい、選手はひとり、ボランティアの方は10人以上という状態で、とにかくずっとおしゃべりしていました。
「まだまだ元気があるし、走れるのにもったいないね。走って帰ったらいいんじゃないの?」なんて言われる有様(笑)。
でも、確かに気力も体力もまだまだ残っているなとは思っていたの。
だけど、両親指の爪がダメになっているのを感じていたし、土踏まずが痛くて歩くのも大変だったし、ふくらはぎも腿も辛くなっているのは確か。
きっとこの先走っていったとしても完走は無理だったと思う。
けど、チャレンジしてみたかったな。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-22 23:57 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン4

c0039898_23303958.jpg

35.4kmなめとこライン入り口のエイドが見えてきました。
なめとこラインの看板を写真に撮り、エイドに向かって行くと手を振ってくれるおばさんたち。
ニコニコ笑いながら手を振って向かって行くと「可愛い~♪」とおばさんたちが言うのが聞こえる。
可愛い?私?それともウェア?(笑)
すでにガス欠状態になっていた私。
5kmじゃなく6kmも間があったから?(笑)
本当にお腹がすいて辛かったの。
そしたら、そこにはおにぎりがなかった!
ガ~ン!!!
「お腹すいて辛かったんです」って言ったら、可愛そうに思ってくれたらしく、自分のお弁当のおにぎりを1個分けてくれようとするおじさん。
バナナはあるし、それを食べればいいと思ったので「いいですよ」って一応お断りしたけれど「いいから、食べなさい」ってビニールも取って差し出して下さったので、遠慮なくいただく。
嬉しかったなぁ。
ありがとうと握手をしたら「〇〇さん、写真撮って!」って他のボランティアのおじさんに頼んだりして(笑)。
片手におにぎり、片手で握手をしているところを写真に撮ってもらいました。
c0039898_23341379.jpg

私のカメラでもツーショット写真を撮ってもらえばよかったな(お世話になった35.4km地点、こぶし苑・・・松寿会1のみなさんを撮らせていただきました)。
「ひとりで走っていると寂しくない?今トイレに入っている人がいるから、一緒に走ったら」と言ってくれるけれど「スピードが違うからむしろひとりのほうがいいんです」と答える。
この地点にもなるとフルマラソンで言えば「30km(35km?)の壁」と言われるところだから、かなり苦しいはずだしね。
シューズの中に入った砂を出すためにテーブルに手をついて出そうとしたら「そこに座ってやったら?」と椅子を指差してくれたけれど、座ったら立てなくなりそうでそのままその状態で靴を脱いで砂を払う。
結構そこでは長い時間休憩。
私のほかには男性がふたり。
ひとりは先に走り出し、もう一人の方とちょこっと話をする。
第一関門くらいは突破したいですねって。
フルだったらあと7kmで気楽だけど、とりあえず第一関門までは15km、まだまだ長いですねとも話す。
その方はこのレースの経験者らしかった。
先に私が走り始めたが、すぐに追い越される。

39.9kmのエイド。
第一関門を突破するにはのんびりする余裕がなくなってきた。
寄らずに行ってしまおうかと思ったけれど、コップを差し出して下さっていたので、とりあえずアミノバイタルをいただいて「ギリギリなのでもう行きます!ご馳走様!」と言って、あまり時間をとらずに走り出す。
エイドでのんびりしなかったのはこの場所だけ。
先のエイドで一緒だった男性ふたり先を走っている。
経験者の方が先を走っていた。
私は彼らとの距離が縮まず、かといって差が開くわけでもなし。
遠くに見ながら走っていたら、いつの間にか経験者の男性が歩き始め、もうひとりの方がまた先になった。
そうこうしているうちに、私も歩いている男性を追い越す形に。
脚を痛めたらしく「お先にどうぞ」と言われる。
この時点でも上りだったけれど、ゆっくりゆっくり足を引きずりながら走っている私に「この先がきついので、走れる時に走っておいたほうがいいですよ」と言われる。
上りが苦手な私がフルだったらもう終わりに近い状態で、まだ辛い思いをしなければならないのか…。
普段の私だったら挫けると思うのに「フルじゃない、まずは50kmまでいかなくちゃ!」と思っていたせいか、まだまだ頑張る気持ちになれたのが不思議でした。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-22 23:38 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン3

c0039898_2324992.jpg

14.7kmのエイドで初めておにぎりが。
ひとくちサイズに握られた俵型の塩むすび。
梅干をかじりながらおにぎりを2個、バナナ2切れ、あとはアミノバイタルだったかな?(オレンジを食べたかも。記憶が定かではありません)。
このエイドのすぐ先がたぶんコンビニのある交差点。
そこで信号でひっかかり、少々待つことに。
その時にそばにいた男性に「寒くないんですか?」と声をかけられる。
みんな長袖や半袖を着ていたからね。
「脂肪を着ているから寒くないんです」と答えた私。
本当に寒いと思わなかったんだもん。
信号待ちをしている間にコンビニでもう一度トイレタイムをしようと思ったけれど、結局寄らず(信号を先に渡ったはるまさんは渡ったところのガソリンスタンドのトイレを借りるために寄ったよう)。
そこからが割りときつい上り。
歩いているようなスピードでゆっくり走る(一応気持ちの中では走っているつもりでした)。

17.5kmから急激な下り。
膝に負担もかからずにどんどんいける!
ここで楽にスピードを上げ、少しでもタイムを短縮したいところ。
面白いように楽々走れて、どんどん人を追い越せた楽しい場所でした。

21.2kmのエイドではるまさんに追いつく。
一生懸命食べている(笑)はるまさんの横には“テレビ岩手”のクルーがカメラを向けて声をかけたそうにしているのに、はるまさんは全然気づかず(笑)。
私が教えてあげると、やっとテレビ岩手の方が声をかける。
私はというと、そこのおじさん(おじいさん?)に「俺と握手するとご利益あるよ」と言われ、ずっと握手をしたまま(あとで、このおじさんにパワーを吸い取られたんじゃないかと思うくらい辛くなりましたが…笑)。
おにぎりを2個食べ、「バナナ下さい」って言ったら「俺の?」って聞くので、「若いのがいなぁ」と答えた私。
私もかなりオバサン化されてきているよね(笑)。
ここでもしっかり食べて、しっかり交流して、まだインタビューを受けているはるまさんを置いて先にスタート。
すぐにはるまさんに追いつかれ「なんかさっきのおじさんに逆にパワー吸い取られたみたい」と訴える(笑)。
なだらかな上り坂がずっと続くこのコース、ちょっと疲れてしまったので、私はゆっくりと走ることに。
はるまさんの背中を見送りました。

24.4kmのエイドでは給食の他にエアーサロンパスをスプレーしていただき、トイレタイムも。
和式だから立てなくなったらどうしようとちょっと不安だったけど、どうにか立てました(笑)。
お礼を言って次に向かう。

なだらかな上り坂が続く道。
というのはプログラムを見てわかったけれど、実際の記憶はあまりない。
とにかく山の中を走ったので、特別のことがないかぎりどこも同じ感じだからなのでしょう。

29.4kmのエイドでいただいたおにぎりは寿司飯。
「あらっ、ここは寿司飯なんですね」と言ったら「今までは違ったの?」との答え。
確かにその前までは普通の塩むすびだった。
だから急に味が違うので気づいたの。
「寿司飯はクエン酸で疲れが取れていいですよね」なんて言いながら、またたくさんおしゃべりして、今度は首とふくらはぎ、膝にもエアーサロンパスをスプレーしていただきました。
どこのエイドでも「どこから来たの?」と聞かれる。
そして「ゆっくり休んでたくさん食べて行きなさいよ」とも言われる。
この時間になると、適当にばらけてくるので、エイドには私ひとりということが多くなっていた。
なのでよけいにおしゃべりしちゃうのよね。
沿道の応援が少ないだけに、エイドのボランティアの方とのふれあいがパワーになりました。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-22 23:27 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン2

公道に出てからはだらだらと続く緩やかな上り。
思ったよりは辛くないけど、朝が早いということと田舎(?)の道を走るというのもあって、あまり沿道に人はいず。
ちょっと挫けそう。
そんな中、「yuck姉~!」って声をかけてくれる人発見!
コンタクトをしてもよく見えていない私。「誰?」と思っちゃった。
フォルダのけんちゃん&はなちゃん夫妻でした。
けんちゃんは第一回の時に3位入賞した人。
はなちゃんもけんちゃんと一緒にトライアスロンをしているアスリート夫妻なのだ。
仕事前の時間に応援できるところまでということで車で移動しながら長い時間応援してくれました。
すっごく力になったよ。ありがと~☆

ボランティアのYさんは、車で先に行っているので、カメラを構えて何度も写真を撮ってくれました。
そして救護の車の後部に乗って、走っている私を追い越すたびに手を振ってくれました。
これもありがたかった。ありがとうございます。

スタートして10kmくらいまでトイレはなく(見落としてはいないと思うけど)男性はやっぱり道路で用を足している方がチラホラ。
私もそろそろトイレタイムしたいなと思っていたけど、どうにもならないよなぁ(実はスタートしてすぐトイレに行きたくなったのだけど、トイレはたくさんあったのに、スタートしたばかりなのに置いていかれるのが嫌で我慢してしまったのです)。
9km過ぎあたりで、またYさんがいたので「トイレってないんですか?」って聞いたら「夏油大橋を過ぎたあたりにあるんじゃないかな?」って。
それはその先すぐくらいだった。
ちょうど下りで頑張れそう。
トイレ!トイレ!と思いながら走る(笑)。
c0039898_2163491.jpg最初の給食ありのエイド発見!
そこにトイレもありました。(11km地点)
まずは給食!トイレより給食!
バナナ2切れ、お塩を摂った方がいいと言われたのでお塩をちょっと舐め、黒砂糖を口にポンッ!
ついでに(笑)フォルダの理事長の木野パパがそこのスタッフとしていたので、はるまさんと一緒のところを写真に撮ってもらう。
アミノバイタルも飲んだし、トイレにいってスッキリしてスタート。
この時点でかなり元気だったので、ボランティアの方に「ここでは元気だけど、この先はどうかなぁ?」なんて言われたけど、ここまで来るまでは「いつやめよう」とそればかり考えていたのに「まだいける」と思うようになっていました。

12.5km地点…ここからが結構きつい上り。
地理に疎いので間違っているかもしれないけれど、夏油に行く道で、途中未舗装の砂利道がところどころあって、雨が降ってドロドロの道を不安定な状態でなるべく汚れないようにと気を遣いながら走った。
だけど靴下は真っ黒に。
こんな状態でも汚れるのが嫌だと思うのは主婦の感覚かな?
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-22 09:40 | 第3回いわて銀河100km

ウルトラマラソン初体験☆

c0039898_21545247.jpg

夕べは早く寝るつもりだったのに、準備などでベッドに入ったのは22時過ぎ。
しかも緊張しているのか(自分のことなのにわかりませ~ん!・・・笑)全然寝付けず、0時半過ぎても眠れず。
今朝は2時起きだったので、睡眠は1時間半ってとこかな。
2時に目覚ましがなった時は「何?」って思っちゃった。
しばらくして「あっ、今日はマラソンだった!」と思い出し、バタバタ準備。
会場の運動公園に着いてはるまさんにメール。
ちょうど着いたところとのことで待ち合わせ。

出走チェックをしてから女子更衣室へ。
そこで荷物の整理をしておにぎりとミニバナナを2本食べる。
トイレを済まし、陸上競技場へ出、ボランティアのYさんに写真を撮っていただく。
c0039898_2272521.jpg

3時半時点ではあまり寒くなく、羽織るためにビニール袋をいただいていたけれど、このままの格好で走ることに。

4時スタート(スターターは誰だったのかな?)。
陸上競技場内を1周半してから、運動公園内を1周。
そして大堤の周囲を走って道路へ。
1km 6分
2km 6分
3km 7分
4km 6分
5km 7分
途中で、フォルダの木野パパ(理事長)に「ペース速くないか?」って言われたけれど、意外と楽だったので貯金と思ってペースはそのままに走りました(あとで、Tさんに最初の貯金はあとの借金になる」って言うようなことを言われたけれど、確かにそうかもって走ってみて思いました)。
公園内ではボランティアのYさんとフォルダのりょうちゃんが写真を撮ってくれたり、アミノバリューランニングクラブの阿部さんからの声援に頑張ろうと思えました。
4kmちょっとで公道に出、緩やかな上りが続きます。
上りが苦手な私はちょっと憂鬱・・・
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-20 22:22 | 第3回いわて銀河100km

いわて銀河100kmチャレンジマラソン・・・結果

予定通り(?)第一関門でタイムオーバーでした。
でも、フルの距離しか走ったことがなかった私が50km近くまで走れたことで十分満足♪
次は倍走るぞ~!

今回は湘南国際マラソンの時同様、エイドで時間をかけすぎました。
だけど、エイドのボランティアの方とのふれあいは、たぶん今日走った方たちの中では一番楽しくできたと思います。
エイドでお腹がすいておにぎりが食べたかった時に、品切れでなかった時など、ボランティアのおじさんが自分が食べようとしていたお弁当のおにぎりを分けて下さったり、ゼリーの蓋を外して持ってきて下さったり、おばさまたちからは「可愛い~♪」って言われたり(私のこと?って思ったけどたぶんウェアだろうね・・・笑)「どこから来たの?」とかいろんな質問をされて、たくさん答えた私。
かなり人気者だったような気がします。
エイドの方たちの写真を撮ったり、逆に撮ってもらったり。
握手をした方もたくさん♪
「また来年おいでね!」って言って下さって、嬉しいかぎり。
スタッフのみなさん、ボランティアのみなさん、本当にありがとうございました。
おかげさまで楽しく走ることができました。
来年はどうかわからないけれど、今度はちゃんとトレーニングをし、体調も整えて(体重も落として)リベンジします!

第一関門49.6km 7時間14分(14分オーバー)
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-20 22:20 | 第3回いわて銀河100km

受付&前夜祭

c0039898_193431.jpg

今日は朝から雨降り。
近隣の小中学校では運動会だという所が多かったけれど、この雨で延期になったよう。
私は朝一でアーツに行ってカット&パーマ&カラーをしてきました。
明日の“後藤新平 生誕150年記念 協賛事業 シチズンカップ 第3回 いわて銀河100kmチャレンジマラソン”(長っ!・・・笑)の受付&前夜祭に行くために、2時半過ぎに北上に到着したはるまさんをピックアップして、とりあえず明日のスタート地点の北上総合運動公園へ。
そこで車を止めてしばしおしゃべり(やっぱり私たちマシンガンズ2/3だと思ったわ・・・笑)。
そして3時半に受付&前夜祭の会場の“ウェンディ北上翆明荘”へ。
いかにもランナーという方の中で、私は異質な感じ(あとから、声をかけてきてくれた仙台の若い男の子が、50kmに出る人だと思っていたようだったからね・・・笑)。
まっ、みんながみんな軽々と走る方たちでないことを祈り(笑)明日に備えてご飯をメインにたくさん食べてきました。
同じテーブルの男性ははるまさんと同じ横浜から来た方。
今年70歳になるそうで、ウルトラは50回出ているとのこと。
今回は50kmに出るそうだけど、一生のうち、ウルトラにそんなに出る人ってそんなに多くないんじゃないかな?
すごいよねぇ。
会が始まってしばらくしてから、wataちゃんファミリーも一緒になりました。
ビール(発泡酒?)が似合うのはやっぱりwataちゃんならでは(笑)。
記念に一緒に写真を撮らせてもらいました。
仙台から仲間で来たという若い男の子から声をかけられしばしおしゃべり。
東京マラソンの話などをして盛り上がる。
やっぱり同じ趣味(あ~、私とはるまさんは趣味じゃないな、走るの嫌いだし、練習しないから・・・笑)だと知らない人とでも盛り上がれて楽しいね。
明日お会いしましょうと話してお別れ。

前夜祭を終えて、下見していたアームウォーマーを買うかどうか迷う。
荒川でナイキのを買ったけれど、どこにしまったか忘れてしまったので(普段使わないからね)朝は寒そうなので一応買っておこうかと。
だけど1,600円が1,360円・・・もうちょっとどうにからないかな?
よ~く見ると、北上マラソンにも出店していたおじさんで、あの時はサングラスを負けてもらったっけ。
宮城のかっぱハーフマラソンでも話したっけ。
ってことで、当然値段交渉!
1,200円にしてもらいました♪

外に出ていたお店でランニングシューズを買おうと思って、履いてみたけれど、左足の親指の付け根あたりが当たる感じ。
走る前に違和感ありだから、きっとダメだろうと諦める。
値段は魅力的(11,000円が半額でした)だったけどね。
なかなかこれ!っていうシューズにめぐり合えないのが残念!

はるまさんをホテルに送っていく前にスーパーで買い物。
バナナとおにぎりを買いました。
スタート会場に着いて食べる予定。
泣いても笑ってもあと数時間。
体調はイマイチだけど、やれるところまでやってきます。
エイドと収容車のレポはお任せ!(笑)
みなさん、待っててね~☆

岩手の新しい県知事・・・
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-19 19:31 | 第3回いわて銀河100km

痛い・・・

初のウルトラマラソンまであと5日。
今日はお友達ののりちゃんと走る約束をしていました。
が!
風邪が悪化してきたみたいで、喉がすっごく痛いし、身体がだるい。
午後から早退しようと思いつつ、4時までだし・・・と我慢。
喉が痛いからほぼ一袋飴を舐め、どうにか最後まで仕事をしてきました。
さすがに走れないので、のりちゃんには申し訳なかったけれどドタキャン。

具合が悪くても、母の私はご飯の支度をしなければなりません(本当は息子たちも大きいのだから、それぞれでできると思うけどね)。
とりあえず食べ終わったので、洗い物はそれぞれでやってもらうことにし(本当は私の分も洗って欲しいけど。っていうかビルトインの食洗機もあるんだけどね)私は今からお風呂に入ります。
上がったらさっさと寝ることに。
明日、もし体調が悪かったら会社を休んで病院に行くことも考えています。
あんまりひどくならないと思っていたのに、いつもよりひどい風邪のよう。
だけど食欲だけは相変わらず旺盛ですが(笑)。

せっかくエントリーしたウルトラだし、はるまさんがわざわざ遠くから来てくれるのだから、最初くらいは一緒に走りたいよね。
ってことで、今日は早く休みます。

コメント下さる皆さん、ありがとうございます。
またまたお返事していなくて申し訳ないのですが、少々お待ち下さいませ。
[PR]

by yuck_heart | 2007-05-15 21:27 | 第3回いわて銀河100km