カテゴリ:第4回いわて銀河100km( 20 )

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 翌日②

花巻から地元、北上に戻り、せっかくだからはるまさんに地元のものを食べてもらいたいと“きたかみコロッケ”を食べられるお店に案内しようと思いました。
実は私も食べたことがないので、この機会に・・・って思ったの。
二子芋という名前で有名な里芋を使ったコロッケ。
北上の名物(?)としてできる前から、私は里芋を使ったコロッケを作って食べていました。
だけど、プロの作った里芋のコロッケってどんな感じなんだろうと興味があったの。
いろんなところでそれぞれの具材を入れて作っているらしいので、どこのお店にしたらいいか迷いましたが・・・
車の置けるところ・・・ということで決めたお店に向かいました。
ところがお店の前に行くと、どうやら改装中らしいことがわかりました。
諦めきれず、ランチで一緒になる予定のyosちゃんにrikaちゃんがTEL。
そこでyosちゃんにどこかいいお店がないかと聞いてみると、そばにいた新人市議会議員のMっちぃが“きたかみコロッケ”よりホテルシティプラザ北上で食事をした方がいいと言ったらしいの。
ってことで、コロッケは諦めて、展勝地の川向かいに建つホテルへ向かいました。
そしてそこで食べたのは・・・
これ↓
c0039898_9405750.jpg

数量限定のもの。
種類が豊富で女性が好むお膳。
yosちゃんも合流し、かしましいところにさらにパワーアップして食べて、おしゃべりして・・・
気づいたらランチタイムが終わるところで(過ぎていたんだったかな?)店内にはお客さんが誰もいなかったという・・・(汗)
それくらい楽しい時間を過ごしました。

はるまさんを北上駅まで送り、rikaちゃんを職場まで送って私は帰宅。
「第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン」は前日から翌日の3日間に渡っていろんな楽しみを味わいながら終了。

参加されたみなさん、お疲れ様でした☆(今頃・・・笑)

来年・・・
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-07 00:08 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 翌日①

去年は翌日も普通に動けた私でしたが、今年は筋肉痛になっちゃいました。
やっぱり運動不足が祟ったかな?

はるまさんをホテルに迎えに行って、RIKAちゃんのところに寄って花巻へ向かいました。
少し前に岩手入りした海実ちゃんを案内した巨大ソフトクリームを食べられる大食堂にはるまさんも案内したかったから。
c0039898_235959100.jpg

お値段見えますか?
パスタなんて500円しないの。
にぎり寿司も660円。
安いでしょ。
c0039898_024669.jpgc0039898_034524.jpg

デザート類も充実しててリーズナブルなお店は、岩手では有名な(たぶんね)マルカンデパートの大食堂
子供の頃を思い出す昭和の雰囲気満載のお店。
昭和を思い出し、私はソフトクリームではなく↓こんなのを注文しました。
c0039898_0102869.jpg普段だったら絶対口にしない着色料たんまりの(笑)クリームソーダ。
ソーダだけだったら絶対飲まないけど、アイスがトッピングされたらいけちゃうんだな(笑)
アイスのみを楽しんだり、ソーダのみを楽しんだり。
そしてアイスを溶かしたソーダもいいんだなぁ♪
色々考えると飲みたくなくなるけれど、たまにはいいね☆

後ろには名物のソフトクリームが映ってます。
これで140円!安いよね。
あとは塩気が効いたあんことホイップの入ったワッフルも買って食べました。


c0039898_016321.jpg

割り箸の入った入れ物も懐かしいでしょ?(って私たちの年代じゃないと知らないよね)
ウエイトレスさんのコスチュームも昭和の香りがぷんぷんして、タイムスリップした感じがgood!
あくまでも雰囲気重視ですが・・・(笑)

マルカンデパートを後にし、今度は地元北上に舞い戻ってランチタイムへ・・・
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-04 00:20 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑬

c0039898_234653.jpgフォルダランニングクラブの仲間はそれぞれ頑張り、wataちゃんは途中でフォルダランニングクラブのブログを更新しつつ、余裕のゴール♪

ゴールでは愛娘のhinanoちゃんがお花の冠を作って待っていたの。
←こんな素敵なゴールシーン♪

テレビ放映では、wataちゃんとhinanoちゃんも映ったけれど、wataちゃんのお父さんのK野パパも映って、三世代が番組で共演(?)
記念に残ってよかったね♪


c0039898_2312079.jpgRIKAちゃんは61kmで残念ながらリタイア。
とはいえ初出場でそこまで行っちゃうんだもん、すごい!
途中でこんな余裕の笑顔だしね。

※wataちゃんの奥さんのyumicaちゃん撮影。
フォルダランニングクラブのブログにアップされたのを無断借用(ごめんね)


c0039898_23155935.jpg

そしてすぅさんとRちゃんは仲良く手をつないでゴール♪♪♪

初めてフルマラソンにチャレンジすることにした時に、無理やり誘って一緒にフルデビューしたはるまさんは、やはり去年一緒に“いわて銀河100kmチャレンジマラソン”デビューでいきなり完走!だったのですが、今年は78kmでリタイア。
でも、本当は完走できるくらい余裕があったような気がします。

今年の“いわて銀河100kmチャレンジマラソン”はとにかく暑さとの戦いだったような気がします。
だから完走率も低かったみたい。
コースはとにかくきつい!
普段だったら上りの多いコースだったら、絶対出ない私なのに、なぜ出ているのでしょう???
自分でも不思議!

走っている最中は「もう絶対走らない!」と思うのですが、終わった途端「来年こそは!」って思っちゃうんです(笑)
ボランティアの方とも来年の再会を約束しちゃったしね。

ってことで・・・
走る気がすっかり失せ、あれ以来走っていないし、毎年参加していた“アミノバリューランニングクラブ”にも参加していないのですが、とりあえず来年もエントリーをすることになるでしょう(笑)

今年はあっぴリレーマラソン(1周2kmのみのつもり・・・笑)、ハロウィンラン去年はオカマ(笑)のマリリン・モンローだったけれど、今年は魔女の予定)、そしてメインイベントのホノルルマラソン(エアだけ予約済みで、まだホテル予約してないし、エントリーもしてません・・・汗)の3大会だけを予定しています。
あとはどうかな・・・

大会のアフター
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-03 23:49 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑫

初出場のRIKAちゃんはどうしているだろう?
そして同じく初出場のRちゃんは?

はるまさんは今年も完走?
腰の調子が悪いらしいすぅさんは?
wataちゃんはどうだろう?

思えばすごいよね。
友達がたくさん100kmに出ているんだもん。
走れもしないのに出ているのは私だけ。
100kmに出たと言うと、走らない人はみんなビックリする。
見た目と違ってすごい人だと思うみたい(笑)
でもぜ~んぜん違います。
誰だってエントリーフィー払えば出られるんだもん(笑)
ただ無謀かどうかの違いだけ(爆)

仲間のゴールを待っている時に、すっごく気になっていた方から声をかけていただきました。
それは・・・
c0039898_17443370.jpg

地元のテレビ局水越アナ
昔から大ファンで、大塚アナとの掛け合いが楽しいラジオ番組をよく聴いていました。
あっけらかんとした感じ(ごめんなさ~い!)が本当にいいんだなぁ。
その水越アナから「pakupaku日記の・・・」って声をかけていただいたのだから大感激です♪♪♪
だけどなんで?って思うよね。
以前、同じテレビ局の神山アナ(’07ホノルルマラソン出場)の番組のHPにカキコしたことがあったから、そこから知ったのかな?と思ったのですが・・・
今回の大会に出場する方を調べていたら私のブログにたどり着いたとのこと(ということだったと思うのですが・・・)
放置状態のブログだけれど「やっててよかった~ぁ♪」と思いましたね(笑)
図々しく写真を一緒に撮ってもらったのですが、華奢な水越さんに対して私ったらデカッ!
恥ずかしいなぁ・・・
でも嬉しいから載せちゃったけど(笑)

走るのは嫌いだけれど、こんな出会いもあるからやめられないのかもね(笑)
私にとってまた新しい素敵な出会いでした。
今になって思うのだけれど、図々しいついでにメル友になってもらいたかったなぁなどと思うのですが・・・
個人的に一緒に飲みに行ったりしたい方なんだよね。
って水越さんはアルコールはいける方なのかしら?
もし・・・
もし・・・
もし、水越さんがこれを読んで下さっていたら・・・

お友達になって下さい!

と告白してみたりして(笑)
でも、この気持ちはマジっす☆

同年代(って書いちゃって大丈夫かな?)の女子飲みしたいなぁと思う私。
願えば叶う!
そう思っている私。
絶対、水越さんとお友達になるぞ~!!!

って、マラソンねたじゃなくなってきてる?(笑)
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-02 18:01 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑪

収容車で50km手前の第一関門に到着。
収容車の方にもお礼を言って降り立ちました。
すでにリタイアでバスに乗り込んでいる方、テント下で横になっている方たちがいました。
そして・・・
「待ってたんだよ」ってなめとこラインのおじさんとおばさん。
「次で待っているから」と車で追い越す時に言っていたのは、ここのエイドのことだったのね?
てっきり、すぐ次のエイドだと思っていたので「いないなぁ・・・」って思っていたんだ。
でも、また会えて嬉しかった♪
それから、去年たくさんおしゃべりさせていただいたここのエイドの担当(?)のボランティアの方とも再会。
「去年は今頃走ってきたんだよね」って言われてビックリ!
「私のこと、覚えていてくれたの?」って聞いたら「覚えてるよ~ぉ!」って。
大感激!!
「少し前までテレビ局の方がいたんだけどねぇ」と言われ、残念な気持ちになった私。
完走はできないけれど、テレビに映ったら記念になるもん。
去年はここにはテレビ局の方はいなかったのに・・・
う~ん、タイミング悪し!

去年はたくさん食べて、たくさんおしゃべりする時間があったけれど、今回は収容車でここまで来たのでもう撤収作業の直前。
ということで食べたり、ボランティアの方とのおしゃべりはなしで収容車(バス)に乗りました。
今回はここでは写真も撮らずじまい。

バスに乗り込むと、脚を怪我されて動けない若い男性が毛布を担架代わりにバスに運ばれてきました。
台車を座席代わりに横たわる男性。
きつそう・・・
c0039898_17145494.jpg

バスでは若い女性のお隣に座らせていただいたので、そこでおしゃべりを楽しみました。
「途中で収容車から見ましたよ」と言われたので、どこだったんだろう?と聞いてみるとかなり前だったらしい。
その彼女は、走り始めてあまりたっていないそうで、しかもトレーニングの最長距離は10kmに満たない(と言っていたはず)そうだし、そのトレーニング回数も多くないとのこと。
そして、な~んと大会はこれが初とのこと!!!
さすがの私もビックリ!(笑)
それでも20km以上走ったとのことだから、驚いちゃった。
そんな彼女とおしゃべりを楽しみながら、途中のエイドで休憩中のすぅさんと遭遇したので、バスの中と外でおしゃべりしたり、同じところで今回もすっかりお世話になったアミノバリューランニング仲間の阿部さんを見かけたので、阿部さんともおしゃべり。

途中でやはりアミノバリューランニングクラブ仲間のみつほさん(50km)が走っているところを見かけ、声をかけることはできなかったけれど、最終的には無事ゴールしたことをメールで教えてもらい、心の中で拍手を送りました。

ゴール地点近くになり、やっと携帯が繋がるようになったので、ゴール地点に来てくれると言っていたkuniちゃん夫妻にメール♪
そしてバスでゴール地点に降り立った時に待っていてもらいました。
リタイアカードを係りの方に提出し、スポーツドリンクなどをいただき、知り合いがゴールしないかな?とボ~ッと立って見ていたら「今回もバス?」とTさん。
お~っ!今年はかなり早くゴールをされたよう。
やっぱり真面目に真剣にトレーニングをするって違うんだね。
と思うけど、やっぱり私は今のままでいくけどね(笑)

体育館でアーリーエントリーのキャッシュバックをいただいて自分の着替えをピックアップしてからシャワー。
軽く汗を流して待っていてくれているkuniちゃんたちのところへ。
そして仲間のゴールを待つのでした。
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-02 17:33 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑩

最後尾車をお供に(笑)第一関門の制限時間7時間までひたすら歩くことにした私。
走ろうと思えば走れる体調ではあったけれど、ここで頑張ったところで状況は変わるわけもなし・・・
実際はボランティアの方にご迷惑をおかけすることがなくてよかったとは思うのですが。

黙々と歩いていると上り坂を上がりきる付近(と記憶していますが、かなり過去になってしまったので記憶違いかも)で右手にあるお宅のご家族が総出で応援して下さいました。
おばあちゃん、若夫婦、そして小さなお子さん。
恥ずかしい気持ちもあったけれど(最後尾車を従えているからね・・・笑)声援は素直に嬉しかった。
本当は走って見せられれば一番よかったと思うけれどね。
「一緒に走らない?」なんて小さなお子さんに声をかけたりして。
そんな余裕があるなら「走れ!」ってとこですが・・・

ご家族の声援をパワーに、残りの時間をウォークで。
しばらくすると先の方に45kmのエイドが見えています。
ボランティアの方がいるなら走ろうと、走る気になったのですが・・・

すでに撤収された後でした(泣)
当然と言えば当然のことでしたが(だって第一関門のひとつ手前のエイドに、第一関門の制限時間ギリギリに人が来るなんてこと、考えられないもの)でも寂しかったな。
エイドでの人との触れ合いが大好きで走っている(歩いている)私なので、ここでもおしゃべりを楽しみ、喉の渇きを潤したかったんだ。

走り出そうと思っていたけれど、撤収されたエイド跡を見たら、走る気は消えてしまい、そのままウォーク。
そして・・・

45kmをしばらく過ぎたところで第一関門の制限時間の7時間に。
そこで最後尾車から担当の方が降りてこられて「ここは何kmでしょうかね?」と聞かれるので「さっきのところが45kmのエイドなので45kmでいいのではないでしょうか?」と答えました。
実は私も歩きながら疑問に思っていたの。
途中でリタイアになった場合、距離はどう調べるのだろうと。
まっリタイアなんだから「だいたい」でいいんだけどね・・・
そこでリタイアカードに45kmと記入して渡されました。
車に積んでいたお水をいただき、汗でシートが汚れないようにタオルを敷いて下さったので、今までのことに対してお礼を言ってその車に乗り込みました。

ブロガーとしては最後尾車に乗った証拠をカメラに収めたかったのですが、さすがにそれも顰蹙ものかと思い(笑)やめておきました。
お話しをしながら移動し、途中で収容車に乗り換えです。
そしておふたりのリタイアされた方と第一関門の50km手前のエイドに向かいました。
[PR]

by yuck_heart | 2008-08-02 17:00 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑨

残すところ目的のお礼を言うべきエイドはあと三つ。
40kmも過ぎたし、次のエイドはもう少しのはず。
今回はコースも確認していませんので、エイドがどの辺にあるかわかりません。
ただ10kmを過ぎてからは約5kmごとにあるのは去年と同じはずなので、そろそろだなっていうのはわかっていました。
c0039898_21354510.jpgc0039898_21392296.jpg

そして40km付近のエイドに到着!
こんなに遅い時間に到着したにもかかわらず笑顔で迎えて下さいました。
もちろん、ここでもお礼を言って目的達成♪

残り時間が少なかったのもあって、逆にのんびりムードになっていた私。
またまたおしゃべりに花を咲かせました。
あっ、もちろんお食事もしっかりと!(笑)
ここで私がラストランナーになったのを知りました。
私が途中で追い越してきた男性は脚がダメになってリタイアしたとのことで、最後尾車が私につくために、ここのエイドまでやってきたのでした。
その車に乗った大会の係りの女性に、続けられるかの確認をされたので、制限時間まで歩いて行きたい旨を伝えました。
もちろん、申し訳ないですが・・・と前置きをしてね。
そしたら、その女性は「仕事ですから・・・」ですって(笑)
ということで、遠慮なくマイペースで制限時間ギリギリまでいかせてもらうことにしました。
心残りだったけれど、笑顔の素敵なボランティアの方に手を振って、最後尾車を従え(笑)次のエイド目指してスタート!

本当はめったにない(かな?)最後尾車を従えてのランナーになったので、最後尾車をカメラに収めたかったけれど、そこまでするとタクシーの運転手さん(この最後尾車はタクシーだったんです)と大会の係りの方に申し訳ない(&顰蹙を買うと思って)のでやめておきましたが、本心は2~3枚撮っておきたかった(笑)

胸も苦しくないし(走らないんだもん、当然ですね)、脚もそんなにダメージなし!
それでも走る気になれなかったのはなんでかな?
車をゆっくり運転するのって大変だろうなと思いつつ、ストレッチなんぞしながら少し速めのWALK☆
歩きでもしっかり腕を振ればいいのに、ダラ~ンとして歩いていたから手が浮腫んじゃって・・・
で、手を上に上げてみたりしながら前へ前へと脚を進めました。
[PR]

by yuck_heart | 2008-07-02 22:00 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑧

c0039898_9403949.jpg渡り温泉入り口付近。
どこにもだ~れもいず、本当にこの道でいいのだろうか?と疑問に思いながら歩いていたのですが、先に“いわて銀河100kmチャレンジマラソン”の幟がたくさん並んでいるのが見えるでしょうか?
あれを見て、道を間違えていないことを確認!(笑)
まとめて立てずに、あちこちにあると不安にならなくてもいいかなって思うけど、どうでしょうね?
たいがい、同じくらいのペースのランナーと一緒に走ることになるでしょうから、私みたいに一人旅で不安になるってことはないかな?(笑)

目的(去年お世話になったボランティアの方にお礼を言う。とくにおにぎりを分けて下さったなめとこラインのボランティアの方にはしっかりと!)をほぼ達成(50km手前のエイドまであと三つエイドがあるから“ほぼ”ね)し、ちょっと気楽におしゃべりしながら動画を撮ってみたりして。
いざとなるといいこと言えませんね(笑)
ちょこっとこの動画を撮って、またもくもくと歩いているところにさっきのエイドのボランティアのおじさんとおばさんが車に乗って横を通り過ぎていきました。
その時に窓を開けて「次のところで待ってるからね!」と声をかけて下さったの。
俄然やる気になりましたねぇ(た~んじゅん!)
でも走らずにマイペースで歩きましたけどね(笑)
c0039898_2103763.jpg大沢温泉を右手に見ながら「温泉に入ってのんびりしたいなぁ」という心の誘惑に惑わされず(笑)、とりあえず次のエイドに向かってひたすら歩く。
さっきのおじさんとおばさんが待っていてくれると思うと、頑張らなくちゃ!って本当に思うんですよね。
応援の力は偉大です!!!
マラソンはひとりでするスポーツだけれど、大会になると周りの方の応援などが大きな力になり、ひとりじゃないことを実感するものです。
今回の大会では何度それを感じたことか・・・
c0039898_218117.jpg40km・・・
な~んと6時間以上かかっています。
よく歩いたね(笑)
第一関門の約50km地点まで残り50分弱で行くのは不可能。
すっかり諦めモード。
でも次のエイドまでもう少し・・・
さっきのおじさんとおばさん、待ちくたびれているだろうなぁ。
そんなことを思いながら脚を運ぶのでした。
[PR]

by yuck_heart | 2008-06-25 09:40 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑦

「あんたが最後?」って聞かれて、ちょっぴり落ち込んだ私。
ビリになりたくないとかそういう気持ちからじゃないんだ。

普通の(?)大会だと沿道にたくさん応援して下さる方がいて、その方たちの声援やハイタッチをしてパワーをもらうのだけれど、銀河に関しては一緒に走るランナーがいないと本当にひとりきりになってしまうの。
心細いのもあって、人との触れ合いがとっても楽しみになるんです。
最後かどうかの確認は大会関係者の方にとっては当たり前のことなんだろうけど、そこでひと言「頑張れ!」って加えてもらえたら少しは元気になれたのにな。
そんな時、対向車線を走っている車の方が窓を開けて「あと少しだよ。頑張れ!」って声をかけてくれて思わず笑顔になって「は~い!」と応える私(た~んじゅん!・・・笑)
少し進むと若い誘導員の男の子がふたり、左折するよう指示を出してくれました。
「あっ!ここを曲がるとなめとこラインのエイドだ!!」ってすぐわかった♪
そして左折すると・・・
c0039898_2221468.jpg懐かしい看板が先の方に見えました。
そしてその手前には会いたかったボランティアのみなさんの顔!顔!顔!
笑顔で手を振って待っていてくれました。
「待ってたよ~!」っていう声♪
私にとっては思い出深いエイド、そしてボランティアのみなさん。
だけどボランティアの方からすれば、大勢のランナーの中のひとりの私。
記憶に残っていることはないだろうけれど、残り少ないランナーの一人として待っていてくれたんだなと思いながら、みなさんのそばまでゆっくり走って向かう。
c0039898_2226579.jpgc0039898_22281043.jpg

待っていて下さったみなさんの前に立って「去年、おにぎりをいただいてとっても助かったので、ありがとうを言いたくて、ここまで来ました。本当にありがとうございました!」と言うと・・・
c0039898_22313745.jpgボランティアのお姉さんがこのおにぎりを出してきてくれたの。
今年も私のためにボランティアの方用のおにぎりを食べずに取っておいて下さったんですって。
「え~っ!私のこと覚えていてくれたの?」って聞くと「○○○○子さんでしょ!」って言ってくれるおじさん。
本当に覚えていてくれたんだ。
思わず泣いちゃいました。
「待ってたんだよ」ってみなさんが言って下さいました。
大勢の中のひとりなのにちゃ~んと覚えていて下さったなんて感激♪
あんまり来ないから心配して車で見に来て下さったんですって。
こんなに嬉しいことってありますか?
おにぎりのビニールを今回も甘えて取っていただきました。
そして愛情のこもったおいしいおにぎり、そしてエイドにある給食や給水をしっかりとり、おしゃべりも十分楽しみ、トイレタイムもとりました。
「目的達成したからここで終わりでもいいなぁ」なんて話したりもしたけれど、第一関門の制限時間まではまだ時間があったため、後ろ髪を引かれる思いをしながらみなさんからたくさんパワーをいただいたのでこのエイドを後にしました。
「来年も待ってるよ!」って言われて「また来ます!」なんて答えた私。
走りたくない!って思っていたのに約束しちゃったよ(汗)
走るのは嫌いだけど、やっぱりみなさんに会いたい!
彦星と織姫みたいに1年に1度会うのもいいかも♪

手を振りながらとりあえずみなさんに見られているであろう距離は走って見せたりして(それまでは歩いていたのにね・・・笑)
第一関門までは制限時間内には行けそうもないけれど、7時間で行けるところまで行こう!

阿部さんに「おにぎりのお礼を言うんでしょ?」って言われていなかったら、私はここまで来ないうちにリタイアをしていたと思う。
おにぎりを準備して、今か今かと待っていて下さったみなさんにお礼も言わず、顔を見せることもなく収容車で通り過ぎていたかもしれない。
そんなことにならなくてよかった♪
ボランティアの方同様、阿部さんにも感謝です☆
ありがとうございます!
[PR]

by yuck_heart | 2008-06-23 22:53 | 第4回いわて銀河100km

第4回いわて銀河100kmチャレンジマラソン 当日⑥

c0039898_9345472.jpg30km地点ですでに4時間オーバー!!!
当然です。
ほとんど歩いていましたから。
すでに下りでも走れない状態。
トレーニングなしで大会・・・しかも100kmにチャレンジなんてかなり無謀です。
でも、私には目的が・・・
とにかく先に進むしかない!


c0039898_9355145.jpgc0039898_936796.jpg

30km過ぎのエイド。
「あら~ぁ!そのウエアって流行っているの?さっき、同じのを着てた人がいたわよ」と言われました。
色違い、しかも体型も全然違うのに同じウエアだというのがわかったみたいです。
みんなランナーらしいウエアで走られているから当然かな?
「それは私の友達です。先々週、横浜でお揃いで買ったんですよ」って答えたら・・・
赤のポロシャツを着た男性が「横浜だって!おしゃれだねぇ。みんなは“し〇むら”だよ。しまむらならまだいいか?“あ〇もと”とか“〇〇〇”(名前を忘れました)だからなぁ。パンツ10枚で1,000円とかさ」なんて言うもんだから、みんなで大笑い♪
ここで、私が一番の目的にしている“なめとこラインのエイド”の場所を確認。
まだ先のよう。
かなり辛いけど頑張るしかないか!
たくさん食べて、大笑いしながらおしゃべりを楽しんで、みなさんから元気を分けてもらって出発!
来年の再会を約束して次のエイドを目指します(笑)


c0039898_9384323.jpg35km・・・
5時間9分。
次のエイドはそろそろかな?
なめとこラインはまだ先?

かなり前に脚を引きずりながら歩いていた男性を追い越してきたけれど、私はどんな位置を走って(歩いて)いるんだろう?
そんな風に思いながら足を進めている時に、やっと人に会いました。
大会関係者のおじさんでした。
その方から「あんたが最後?」って聞かれた私。
「途中で男性を追い越してきたので違うと思いますけど…」
最後尾車がつかないうちはまだ最後ではないはず。
でも時間の問題かな?
[PR]

by yuck_heart | 2008-06-23 09:45 | 第4回いわて銀河100km